ショートカットメニュー
本文ショートカット
メインメニューのショートカット

ストーカーで被害を受けないようにために特別に制定された法律であるストーカー規制法。しかし、今も発生するストーカー犯罪をストーカー規制法が防ぐことができないとします。 長崎ストーカー殺人事件を知っていますか? 長崎市で、離婚後の元夫が2歳の子どもを会わせにきた元妻を刺殺し、その後に自宅で首をつって自殺しました。元妻は、元夫からのストーカー被害を警察に相談し、「元夫からのメールの内容が怖い」と話して言いました。警察はストーカー規制法に基づいて元夫に警告できることを伝えたが、結局、こんな事件が発生してしまいました。 警察の対応と法律的に問題がことはないでしょうか。

  • 3
    0
    ***rk 17.02.01  BEST 
    長崎ストーカー殺人事件は警察の問題よりは、法律の問題がもっと大きいです。別れた妻が父親に子どもを会わせることが今回の問題だと思います。それは一般的には、「面会交流」と呼ばれる行為です。離婚後に別居する親に子どもを会わせるという面会交流への、社会的圧力.....
    匿名 17.02.01
    難しい問題ですよね。警察がどこまで介入していいのか、本人が警告することを拒否した場合どう対処するのが良いのか・・・警告したらしたで逆上して事件に発展する可能性もあります。ストーカーについてもっと深く考えていかなければなりません。ストーカー事件は今回だ.....
  • 1
    0
    ***goo 17.02.01
    なぜ今回の事件が起ったのかを知りたいですね。警察に相談するほどおびえる母親が、なぜ父親のもとへと子どもを会わせに行ったのか。。。父親に脅されたのか。なくても母親は、子どもを会わせるべきだと思ったのか。裁判所は介入していたのか。いろんな考えがかかるんで.....
  • 1
    1
    ***dinhand 17.02.01
    何度も繰り返すが、離婚後の面会交流は促進されるべきだと思っています。しかし、子どもの安心や安全が脅かされたり、命を懸けてまで、おこなっては決してならないと思っています。 安全を脅かされる立場で仕方なくて、法律のせいで、子供を会わせられるべきだった、ス.....
  • 1
    1
    ***ff 17.02.01
    痛ましい事件が、起ってしまったね。被害者、野中さんは「報復が怖い。とりあえず親族と相談する」と断っていたといます。警察が十分に彼女を守ることができるタイミングがあったが、彼女が怖くて警察の保護を拒絶したことです。 これは警察に問題があることじゃないん.....
  • 2
    2
    ***azzang 17.02.01
    ストーカー規制法に引っかかるほどの被害にあるのに、報復が怖くて警告すらできない状態で、なぜ子どもを会わせたのだろう。これは結局、ストーカー規制法が被害者たちをまともに保護できない法ということです。 被害を受けた事実があるんだけども、警察が加害者を逮捕.....

    討論投稿者

    • 67
    • 投稿した討論 17
    • フォロワー 4

    納豆に合う食べ物はなんだ!?.....