ショートカットメニュー
本文ショートカット
メインメニューのショートカット

今放送で臨場を見ました。 面白かったけど、不快な部分もあります。 心身不能の犯罪者に裁判部が無罪をくれました。 犯人は精神的に問題があるために犯罪を認められないということです。 結局、犯人の犯罪で最も苦しめられるのは、被害者の家族です。 映画で、このようなことがあったが、本当に現実でもこのような場合があるでしょうか。

  • 2
    1
    ***are 17.01.16  BEST 
    映画は結局、刑法36条にことを問題に映画で作ったようですね。 心身が不安定した者が犯した犯罪について刑法上の罪を処してはならず、保護施設に収監させることです。 しかし、問題は、被害者の家族たちは、これに対して認定ができないというのです。 自分の家族は、被.....
  • 1
    0
    ***ora 17.01.16
    もちろん、被害者の家族たちの立場で考えば、不平等して理性的でない判決だと考えられます。 しかし、しんしんこうじゃく者に対する保護法律が存在しなければ、偶然によって犯した犯罪が障害者という理由だけで、犯罪者を規定することになってしまいます。 それなら他の.....

    討論投稿者

    • 52
    • 投稿した討論 15
    • フォロワー 6

    納豆に合う食べ物はなんだ!?.....