ショートカットメニュー
本文ショートカット
メインメニューのショートカット

中米ニカラグアで1997年に日本人男性が殺害されたとされる事件で、禁錮18年が確定し現地で約11年服役した東京都江東区の元会社社長、服部重次さんに対し、ニカラグア最高裁が第2次再審で無罪を言い渡した。日本時間2日、ニカラグアの服部さんの弁護士から11月22日付の判決文が日本の関係者に届いた。2008年に釈放された服部さんは帰国後に日本から再審請求していたが、11月5日に膵臓(すいぞう)がんのため68歳で死去していた。すでに犯罪に対して、すべての処罰を受けてすでに死亡した被害者にどうしての補償が行われましょうか。

  • 3
    1
    ***goo 16.12.02  BEST 
    事件の概要はこうです。食品貿易会社を経営していた服部さんは、ニカラグアにナマコ加工工場の建設を計画し1997年4月に同国に出張した。服部さんによると、現地の日本人男性社員(当時69歳)と太平洋に面したマルセリャ海岸を視察した際、丘陵付近で社員の姿が見.....
  • 1
    0
    ***dinhand 16.12.02
    誤った判決によって無実の罪で獄中生活をしてましたが無罪と明らかになったなら、国家を相手に悔しい濡れ衣によるオクシルがについて刑事補償金請求が可能です。 10年間刑務所に服役した内容について国家を相手に賠償を受けなければなりが、この時に適用される法が刑事.....
  • 1
    1
    ***idog 16.12.02
    無罪であることにも逮捕されて服役をした場合、その後に無罪が判明される際には、国が被害者に賠償をしてくれなければなりません。 ニュージーランドの事例があります。 エイミー・アダムス法務長官は15日、ポーラに書簡を送って誤って起訴して服役することで、人生に多.....
  • 3
    1
    ***fat 16.12.02
    事件が発生して以来、彼は逮捕されてすぐに殺人罪で起訴されました。有罪とした確定判決は保険金目的の殺人と認定していた。しかし、死亡した男性の海外旅行傷害保険の保険金受取人は服部さんではなく、法定相続人(遺族)だった。服部さん側は再審請求で「保険金殺人」.....

    討論投稿者

    • 46
    • 投稿した討論 11
    • フォロワー 5

    納豆に合う食べ物はなんだ!?.....