ショートカットメニュー
本文ショートカット
メインメニューのショートカット

僕は男性専用車両が必要だと思います。ただしそれは、「女性専用車両があるなら男性専用車両も必要だ」というわけではありません。女性専用車両があるのは、女性の性犯罪被害率が男性より高いからです。女性専用車両のおかげで、性犯罪被害率の男女差が小さくなり、より男女平等に近づきます。同様に、男性の痴漢などの冤罪被害率は女性より高いです。となると、冤罪被害率の男女差を小さくするために、男性専用車両が必要ではないか、ということです。冤罪被害は稀ではないか、という声もあると思います。しかしながら、仮に被害に遭うと、無実の証明は非常に困難です。以下、引用です。2017年8月20日に放送された、テレビ朝日『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に弁護士の北村晴男氏が出演しました。(中略)北村弁護士は、冒頭から衝撃的な事実を告げます。痴漢で起訴されて、有罪になる確率は99%。(引用元 https://grapee.jp/380293)すなわち、一度疑いをかけられると、99%有罪になります。たとえ電車が揺れてお尻に鞄が当たっただけだとしても、です。僕にとって、それは大地震と同じような不安です。いつ起きるかわからない。起きないかもしれない。しかし、起きれば確実に被害を受けます。皆さんは、男性専用車両の必要性について、どうお考えでしょうか。

  • 1
    0
    シルビーク 18.08.31  BEST 
    痴漢・冤罪被害を無くす(抑制)させたいなら、男性専用車を作るより監視カメラの導入や各車両に複数人の駅員の同乗、1車両毎の乗車客数の制限を設けた方が被害は減ると思いますよ。もちろん、法律・旅客営業規則の改定が出来るのなら、男性・女性を車両毎に分け運行す.....
  • 0
    0
    ***okingz 18.11.29
    女性専用車両があるなら男性専用車両を作って平等になりたいという事ですか?もちろん、痴漢に間違われてしまえば証拠がない限りは逮捕、そして有罪です。しかし、ここで男性専用車両を導入したところでこの痴漢冤罪という根本的な問題は解決しません。彼女らに疑われな.....

    討論投稿者

      匿 名

    納豆に合う食べ物はなんだ!?.....