ショートカットメニュー
本文ショートカット
メインメニューのショートカット

平時において異性のトイレを使用することはもってのほかだが、どうしても用を我慢できない緊急事態下での対応については、賛否両論さまざま。そこで今回はここに「法律」という新しい視点を加えてみよう。漏れてしまいそうな状況で異性のトイレを使うことは、法律の始点からだとどう見えるのだろうか。法律上トイレには男女の制限があるかな?

  • 2
    1
    ***onpolice 17.05.10  BEST 
    緊急で異性のトイレを使うことに違法性はないが、それを法廷の場で正しく立証できるかは別問題であるということだ。このケースは、たとえそのつもりがなくても犯罪を疑われかねないという点で、痴漢の冤罪ともリンクしている。緊急事態で異性のトイレを使う際には、手荷.....
    匿名 17.05.10
    法律上はどちらに入っても問題はないが、管理者が使用者の性別とトイレを定めているために、罪に問われる可能性があるということのようだ。ただし、緊急事態の場合は特別に罪が適用されないとのこと。.....
  • 0
    0
    ***goo 17.05.10
    刑事事件の場合、我慢の限界で本当に排泄目的のためだけに入ったという『正当な目的(違法性を欠くこと)』について、ある程度の根拠を示して主張できなければ有罪となってしまうおそれがあります。本来、建造物侵入罪における『正当な目的』についても、検察官のほうが.....
  • 0
    0
    ***rthewall 17.05.10
    管理者の意思に反して異性側のトイレを使用した場合、建造物侵入罪に問われ、罰金や短期懲役刑が科されてしまうおそれがあります。理屈からするとこのような結論になりますが、混雑時などやむを得ない状況下で使用した場合などは、建造物侵入罪は成立しないといえます。.....

    討論投稿者

    • 41
    • 投稿した討論 21
    • フォロワー 7

    納豆に合う食べ物はなんだ!?.....