ショートカットメニュー
本文ショートカット
メインメニューのショートカット

昨年、5月21日に発生した小金井市女子大生ストーカー刺傷事件で、元アイドルで現シンガーソングライターの冨田真由が20箇所以上を刺されて重症を負った事件。覚えていますか?5月21日午後5時すぎ、東京都小金井市のイベント会場入り口で、出演者の20代女性が男に刃物で複数回刺されて、女性は都内の病院に搬送され、意識不明の重体。110番通報を受けて駆けつけた警視庁小金井署員が、現場近くにいた男の身柄を確保。傷害容疑で現行犯逮捕した事件です。今その事件の判決が話題になっています。殺人未遂が、もともと17年の服役を求刑したことから、裁判部は14年6ヵ月で服役期間を減らしました。 このような判決に多くの人たちが疑問を持っています。 殺人未遂犯は、終身刑じゃないなら、いつかか再び刑務所の外に出ます。 それなら、また被害者を殺害しようとしないでしょうか。 今回の判決についてどう思いますか?

  • 2
    1
    ***ao 17.03.01  BEST 
    前回公判で岩埼被告の加害者の行動を見ると、今回の判決は理解できません。前回公判で岩埼被告は、冨田さんが「出所したら再び殺しにくると思う」などと意見陳述した際、「じゃあ殺せよ」「殺すわけないだろ」などと大声を上げたこと。14年という服役期間は模範囚がなれ.....
  • 0
    0
    ***goo 17.03.01
    被害者の話が思い出しますね。被害者の冨田()真由は、判決について、「あれだけのことをしたにもかかわらず、何の反省もしていない犯人が、長くても、たった14年3カ月で塀の外に出てくると思うと、怖いです」と「たった約14年後には、犯人が塀の外を歩いている。そ.....
  • 0
    0
    ***rtcut 17.03.01
    弁護側は「明確な殺意や計画性はなかった」と情状酌量を求めたが、判決は「殺意は非常に強固。計画性も認められる」と指弾。一方で前科がなく、犯行事実を大筋で認め、謝罪や賠償を申し出ていることを考慮し、求刑から減刑したと言いました。.....
  • 1
    1
    ***im 17.03.01
    判決後、阿部裁判長は「冨田さんの夢を奪った重大さを自覚し更生してほしい」と説諭。岩埼被告はうつむきがちに聞いていたと。しかし、そんなのは偽りの謝罪です。 実際に謝罪したくないが、量刑を減らすための嘘と行動だと思います。 裁判部はもっと厳しく、量刑を定め.....
  • 2
    0
    ***stalk 17.03.01
    阿部浩巳裁判長は「一方的な恋愛感情に基づく逆恨みの犯行で、酌むべき動機は一切ない」とし、懲役14年6月(求刑同17年)の実刑を言い渡しました。阿部裁判長は「冨田さんは死亡してもおかしくなかった。後遺症や心的外傷後ストレス障害(PTSD)で日常生活に困.....
  • 1
    1
    ***fy 17.03.01
    多分も加害者が最後の供述の時にした言葉が判決に影響を与えたようです。判決前に最終意見陳述の機会が与えられ、「冨田さんやご家族にご迷惑を掛けた上、冨田さんの意見陳述中に大声を出して怖い思いをさせて申し訳ない。冨田さんには二度と近づかない。刑務所でまっと.....

    討論投稿者

    • 61
    • 投稿した討論 31
    • フォロワー 0

    納豆に合う食べ物はなんだ!?.....